B5版約200頁 1冊:2,328円(税別・送料込)
定期購読料(税別・送料込) 1年:44,764円 / 6ヶ月:22,382円


日頃よりご愛読賜り厚く御礼申しあげます。
新聞「自動車保険ジャーナル」は2010年1月より、週刊で発刊しておりました従来の冊子形式(B5版24頁)の新聞を、月2回(2,4週発行)で発刊する雑誌形式(B5版200頁程度)の判例雑誌「自保ジャーナル」に生まれ変わりました。

雑誌形式への改訂の主旨と致しまして、冊子では抜粋であった判決文の全文掲載を行うと共に、掲載事案数を増やして情報の充実化を図ります。
更に、サマリーに各事例に対する比較検討事例(同類又は対比事例等)や、損害賠償実務者の留意事項等を取り入れ、より一層分かりやすい裁判事例の掲載に努めてまいります。
今まで同様、交通事故民事訴訟に特化した掲載は変わりませんが、更に一般賠責や火災事故など、訴訟の情勢から、読者の皆様に関心が高いと思われる損害賠償事件についても幅広く掲載してまいります。

今後とも変わらぬご愛顧を賜りますよう、何卒宜しくお願い申しあげます。

 


 
各号内容紹介(ご覧になりたい号数をクリックすると開きます)
 
2051号(令和元年12月12日発行)
  1. 22歳男子の自賠責5級2号認定高次脳機能障害を意思疎通能力や社会行動能力は保たれていると7級4号認定した
  2. 頸髄損傷から自賠責9級10号認定の52歳女子の後遺障害を経年性変化等から頸髄損傷を否認して14級9号認定した
  3. 永住資格有する11歳女子の死亡逸失利益をセンサス全労働者学歴計全年齢平均を基礎収入に45%の生活費控除で認定した
  4. 傷害を裏付ける明確な他覚的所見はなく車両の損傷状況も重大なものとは認められない等からX主張の傷害を否認し請求を棄却した
  5. 63歳男子の右肘痛は事故4ヶ月経過後に治療開始から否認し左眼球運動障害による複視も事故との因果関係認められないとして後遺障害の残存を否認した
  6. 信号待ち停止中のA車両が発進しAに抗議中のYが転倒して受傷は認められないとYに支払った治療費は支払う必要のない金員であったとして不当利得返還請求を認容した
  7. 甲損保への施術費の請求はXが施術のためにZ接骨院に通院したことはなく、ZがXに施術をしたこともなかったとXらの甲損保に対する共同不法行為を認定した
  8. 経済的全損の原告積載車の代車使用期間を139日間と認定した
  9. 原告ベンツで走行中に出火し全損は自然発生の可能性相当低く供述の不自然性等からも原告の故意を推認し保険金請求を棄却した
  10. 被保険車両フェラーリを縁石に衝突させた本件事故によりエンジンが損傷したとは認められないと保険金請求を棄却した
  11. 原告自転車が衝突した路側帯に20abはみ出した看板は社会通念上容認できる程度のものにとどまるとして看板設置者の不法行為責任を否認した
  12. 除草作業の草刈機による飛び石で損傷したとする青空駐車中のX、V車両の損傷は形状及び部位等から飛び石によって生じたとは認められないと請求を否認した
  13. Xマンション敷地内の機械式駐車場から駐車中のZ車両落下による駐車装置の損壊はZの過失により生じたとは認められないとX管理組合の損害賠償請求を棄却した
2050号(令和元年11月28日発行)
  1. 73歳男子の自賠責11級認定の両耳難聴及び耳鳴は本件事故での右耳の難聴は認められないと14級認定した
  2. 3歳児V同乗の自転車搭乗中に被告乗用車に衝突された39歳女子Xの後遺障害を自賠責同様非器質性精神障害等の併合14級と認め、V主張の12級PTSDの発症を否認した
  3. 第1腰椎圧迫骨折歴を有する66歳女子主張の8級脊柱運動障害を否認し後遺障害の残存も否認して1割の素因減額を適用した
  4. 信号停車中に被告車に追突された原告主張の腰部脊柱管狭窄症は本件事故とは無関係に発症したと事故との因果関係を否認した
  5. 自転車同士の正面衝突で37歳男子主張の12級左TFCC損傷を否認、後遺障害の残存も否認し、双方の過失を5割と認定した
  6. A自動二輪車で走行中に合図なく車線変更してきたY車に衝突され転倒したAの頭部を右前輪に挟んだまま走行を続けたZ車の過失を認め、Y及びZらの共同不法行為を認定した
  7. 夜間、信号のない交差点での優先道路進入12歳児自転車と乗用車の出合頭衝突で無灯火自転車に5割の過失を認定した
  8. A自動二輪車の減速した被告車への追突はAの車間距離保持違反、前方不注視の過失により発生したとし被告車らの注意義務違反は認められないと過失を否認した
  9. 運転免許失効後に無免許で夜間の高速道路で自損事故を起こし横転して被告大型貨物車に衝突された原告乗用車に5割の過失を認めた
  10. 信号停止被告乗用車の後方を歩行横断中に後退してきた被告車に衝突された原告歩行者に5%の過失を認定した
  11. 父親Xの業務に従事中に自動車事故で死亡した22歳女子AはXの「業務に従事中の使用人」に該当し運転者年齢条件特約が適用されるとして保険免責によりXらの請求を棄却した
  12. 1ヶ月に2度の本件車両による事故等から本件車両が「常時使用する自動車」に該当すると認定し他車運転特約の適用を否認した
  13. 駐車場に駐車中の原告乗用車が車内等に消火剤を撒かれ全損になったとの保険事故の発生は原告以外の第三者が発生させたとは認められないと共済金請求を棄却した
2049号(令和元年11月14日発行)
  1. 13歳男子の高次脳機能障害等を自賠責同様1級1号認定し、在宅による随時介護を要すると日額6,000円で将来介護費を認めた
  2. 31歳女子3級主張の低髄液圧症候群及び線維筋痛症の発症を否認し後遺障害の残存も否認した
  3. スマホゲームに気を取られ集団下校中の9歳男子小学生Aに普通貨物車を衝突・死亡させた被告の前方不注視等の責任は極めて重大等から死亡慰謝料等合計3,100万円を認定した
  4. 40歳専業主婦の左上口唇瘢痕から自賠責12級認定の外貌醜状は家事等を行うことに制約が生じるとは考え難いと後遺障害逸失利益を否認した
  5. 2ヶ月前の転落事故で右踵骨骨折の56歳男子の本件非接触事故での右踵骨再骨折の受傷を認め5割の素因減額を適用した
  6. 自賠責12級難聴等の併合12級を残す開店準備中43歳男子の後遺障害逸失利益を前職から年収240万を基礎収入に67歳まで14%の労働能力喪失で認定した
  7. 側道から進入の軽自動車に衝突され自賠責14級頸部痛等認定の大型バス運転者Xの受傷を否認し、過失割合をそれぞれ5割と認定した
  8. 道路横断被告自転車に衝突された乗用車運転の女子原告の後遺障害を頸部捻挫等の受傷から14級認定し、原告車の過失を4割と認めた
  9. 一定時間が空いての交差点進入からY乗用車の青進入と認め、本件事故は赤進入したX原付自転車の一方的過失によるとY乗用車の過失を否認した
  10. 追い越しの際の自転車同士の接触は前方で進路変更した被告車との接触を予見することが容易であったと原告車に6割の過失を認定した
  11. 並走中の原告乗用車に被告貨物車の車線変更を予見して回避措置をとることは困難であったと原告車の過失を否認した
  12. 路外から片側2車線道路の対向車線に右折進入しようと信号待ち車両間を横断中に青発進被告乗用車に衝突された原告乗用車の過失を75%と認定した
  13. 街路樹を路上にせり出させていたX市の道路管理上の瑕疵を認め、接触が予見できたY大型貨物車に3割の過失を認定した
2048号(令和元年10月24日発行)
  1. 2級高次脳機能障害を残し施設に入所する57歳男子の65歳からの自宅介護を否認し、現行の施設介護による将来介護費用を認定した
  2. 自賠責3級3号高次脳機能障害認定を受ける63歳男子の自宅付添看護費を日額4,000円、将来介護費を19年間日額5,000円で認定した
  3. 40歳代女子9級主張の外傷性てんかんは脳波検査で異常認められず発症を否認した
  4. 54歳主婦の追突され従前事故で全快した脳脊髄液減少症等が再発又は増悪し12級後遺障害を残したとの主張を否認し後遺障害の残存も否認した
  5. 追突された乗用車に同乗中の28歳女子主張の12級6号左肩関節機能障害を否認し12級13号左肩関節痛等併合12級を認め10年間14%の労働能力喪失で逸失利益を認定した
  6. 男子Xの第2事故での症状固定日を約3ヶ月後と認定し第1事故での傷害も含まれている等から治療費の5割を第2事故と因果関係のある損害と認めた
  7. ガソリンスタンドから右折進入Y乗用車を避けて非接触・転倒し起き上がり路上歩行中に後続W乗用車に衝突されたA自動二輪車の過失を1割と認定した
  8. 合図直後に車線変更してきた被告乗用車を避けて転倒した後続原告自動二輪車の過失を否認した
  9. 経済的全損の大型冷蔵冷凍車の時価額は中古車市場が存在することから同市場の販売価格を参照に算定するとして車両損害額を認定した
  10. 軽微追突による整骨院施術費請求は同院院長及び本件事故被害者である従業員の共同不法行為による水増し請求が認められるとし甲損保に対する損害賠償義務を認定した
  11. 急ブレーキを掛けY普通貨物車に追突されたX乗用車には本件と同類型の多数の追突事故歴があることから故意事故を認めYらへの請求を棄却し、保険金の返還義務を認定した
  12. 電柱に衝突の自損事故で負傷したと保険金請求するXは道交法65条1項の定める酒気を帯びた状態であったと酒気帯び運転免責条項を適用し請求を棄却した
2047号(令和元年10月10日発行)
  1. 3級高次脳機能障害を残す63歳男子の将来介護費を67歳まで妻により日額5,000円、以降職業付添人により日額8,000円で平均余命まで認めた
  2. 自賠責非該当も42歳男子主張の9級難聴を認め、PTSD及び中心性頸髄損傷を否認し併合9級後遺障害を認定した
  3. 上下顎骨骨折等を受傷の35歳男子の後遺障害を9級咀嚼・言語機能障害等から併合8級と認定し67歳まで14%の労働能力喪失で後遺障害逸失利益を認めた
  4. 50歳女子の自賠責8級認定脊柱変形障害を日常生活動作等に問題ないとして11級後遺障害と認定した
  5. 50歳代男子の右下肢長管骨変形の後遺障害を12級認定し、事故前からの通院等で4割の素因減額を適用した
  6. 本件事故時も前件事故の治療予定であった軽微接触で転倒して自賠責2級主張の64歳女子の治療期間を事故後約2週間と認定し本件事故による後遺障害の残存を否認した
  7. X乗用車の車両重量半分強のY軽四輪車に軽微追突された42歳女子Xの受傷を否認して既払金で填補済みとした
  8. 総重量約12dのX大型特殊自動車に重量約1dのY軽四輪貨物車が追突でX車は極く僅か以上に揺れたとは認め難いと56歳男子Xの受傷を否認した
  9. 駐車トラックの陰から車道を歩行横断して自動二輪車と衝突した83歳男子の過失を15%と認めた
  10. 合図なし進路変更後に急停車したタクシーの後方を走行していて非接触転倒した自動二輪車の過失を3割と認めた
  11. アスファルトがはがれ土が見える市道の穴にはまり転倒した自動二輪車の過失を4割と認定した
  12. X車を減速させ被追突は前11件の事故と一致の類型で保険金受領のためにXが意図的に惹起したとして損害をYに填補させることは不当であり、Xの請求は権利濫用に当たると請求を棄却した
2046号(令和元年9月26日発行)
  1. 頭部を轢過され2級高次脳機能障害を残す63歳男子の将来介護費を現実には常時に近い見守りが必要と妻67歳まで日額8,000円、以降は職業付添人により日額1万8,000円で認定した
  2. 脳挫傷痕から自賠責12級認定も20歳男子主張の5級高次脳機能障害をびまん性軸索損傷等認められないと9級非器質性精神障害を認定し逸失利益に3割の素因減額を適用した
  3. 自動二輪車運転停止中に大型貨物車に追突された27歳男子の併合5級主張の後遺障害は4年の通院中断期間から排尿障害を否認し他覚的所見のない頸部痛、腰痛等の自賠責同様併合14級と認定した
  4. 歩行中に右後方から自転車に接触されたとする65歳女子の左手受傷と本件事故との因果関係を認め14級9号後遺障害を認定した
  5. 路肩駐車中に被告普通貨物車に追突された男子原告の左膝内側半月板損傷及び左膝蓋骨軟骨損傷等との因果関係を認め症状固定日を1年6ヶ月後と認定した
  6. 高速道路上で落下した積荷を避けようとして急ブレーキによる乗用車後部座席同乗中の原告の頸椎・左足関節捻挫の受傷は事故6日後の通院等からも治療期間は1ヶ月と認定した
  7. 路側帯から車道に進入して後続自転車と衝突した77歳女子原告歩行者に考慮しなければならない過失はないと認定した
  8. 同一方向進行中の原告原付自転車と被告大型貨物車との接触は専ら原告が安全確認不十分のまま右に進路変更した過失によるとして被告の過失を否認した
  9. Y整骨院のX損保に対する水増し請求の不法行為を認めYの違法行為とX損保の損害との因果関係を認定し過払額の請求を認容した
  10. ノンフリートの自動車保険契約の記名被保険者を母親からXに切替えた際の追加保険料を払込期日までに不払で契約期間満了後に他社との保険契約の締結は保険料不払による甲損保の契約解除の有効性を認めXの契約解除の無効確認請求を棄却した
  11. 被告会社所有の乗用車を運転中に18歳女子被告が起こした物損事故で被告の父親と自動車保険契約する乙損保に他車運転特約の適用を認めた
  12. 第三者が被保険ベンツを駐車場から持ち去った可能性は極めて低く盗難の外形的事実の立証は認められないと保険金請求を棄却した
  13. 初度登録7年のベンツの全周82ヶ所の傷は容易に傷つけにくい天井への傷や鋼板に達しない傷等からいたずらによる偶然な事故を否認し保険金請求を棄却した
2045号(令和元年9月12日発行)
  1. 33歳男子主張の2級脳脊髄液漏出症は厚労省研究班の判定基準に該当しないと発症を否認した
  2. 39歳男子のくも膜下出血等から9級主張の高次脳機能障害を否認し12級非器質性精神障害を認定して既往のうつ病から4割の素因減額を適用した
  3. 約13年前の事故で頸椎捻挫等の14級認定を受ける40歳男子の本件事故での後遺障害を自賠責非該当も14級9号頸部痛を認め素因減額を否認した
  4. 頸椎椎間板ヘルニア等有する50歳代女子の本件事故での頸椎捻挫等から14級主張の後遺障害を否認し3割減額で休業損害を認定した
  5. 43歳男子9級主張のPTSDを他覚的所見のない頸部挫傷等にすぎないと否認し、事故と双極性感情障害U型との因果関係も認められないとして後遺障害の残存を否認した
  6. 32歳男子の基礎収入を源泉徴収票・所得証明書の金額は実態を反映するものではないと否認し、センサス同学歴同年齢平均賃金の7割と認定した
  7. 自賠責9級10号後遺障害を残す40歳代男子の逸失利益は勤務予定を裏付ける客観的資料は全くなく労働能力等も不明から逸失利益を否認した
  8. 頸部痛等から自賠責14級9号後遺障害認定の66歳男子主張の3年11ヶ月後の症状固定は1年6ヶ月通院の空白等から1年10ヶ月後と認定した
  9. 交差点進入待ち停止中の乗用車との衝突を避け非接触転倒した青信号速度超過原告自動二輪車の過失を急ブレーキの必要がない等から8割と認定した
  10. 青信号直進原告乗用車と左方路から赤直前の黄色信号右折進入被告乗用車の出合頭衝突で被告に8割の過失を認定した
  11. 駐車場から歩道に進入するタクシーを認めながら速度を落とさず歩道を進行して衝突された原告自転車に1割の過失を認定した
  12. 農地交差点左折時に路外草地斜面に進入して動かなくなった原告乗用車が前進を試みて水路に転落した事故での原告の行為は転落の危険が高いと重過失免責を認定した
  13. X乗用車の単独事故による保険金請求はXらの事故後の不自然な行動等から酒気帯び運転を推認し請求を棄却した
  14. X所有建物を空き家のまま利用せず売却希望金額を大幅に上回る保険金額設定は意図的な火災による保険金取得の動機が存在する等からもXの故意放火を認定した
2044号(令和元年8月22日発行)
  1. 54歳男子の四肢麻痺等から自賠責1級1号認定後遺障害を常時介護に該当しないと2級1号認定し、職業介護人による将来介護費は日額8,000円で認めた
  2. 時には家族の援助や配慮を要することがあるとしても随時の声かけや看視が欠かせない状態とまでは認められないと自賠責5級2号認定の高次脳機能障害を残す14歳女子の将来介護費を否認した
  3. 47歳女子主張の7級線維筋痛症は本件事故以前から発症していたと因果関係を否認、治療等の遷延化は腰椎椎間板ヘルニアの影響等から6割の素因減額を適用した
  4. 56歳女子自賠責12級7号認定の右足関節機能障害を14級9号認定し、肋骨変形及び右足内側傷痕は労働能力に影響を与えないと5年間5%の労働能力喪失で逸失利益を認めた
  5. 頸部痛等の自賠責14級後遺障害を残す男子美容師の逸失利益を課税証明書記載金額等に事故直前給与を加えた4年間の平均を基礎収入に5年間5%の労働能力喪失で認定した
  6. 追突された普通貨物車運転の左肩に既往症を有する原告男子の左肩腱板全層断裂は事故の約3ヶ月前にも左肩受傷等から本件追突との因果関係を否認した
  7. 64歳男子が自転車で停止中に徐行乗用車に接触され転倒して脊髄症状の12級後遺障害の主張は事故との因果関係は認められないと後遺障害の残存を否認した
  8. 追突され外傷性頸椎椎間板ヘルニアから12級後遺障害主張の38歳主婦は事故40日経過後に右手のしびれの訴え等から事故との因果関係を否認し後遺障害の残存も否認した
  9. 会社代表Xが乗用車を運転し従業員V、W、Zが同乗して停止中、Y乗用車に追突され受傷した休業損害をX1日、V・W1.5日、Z1日と認定した
  10. 踏切前で停車中にY車に追突され驚愕して誤ってアクセルを踏み込み前方車に追突したX車に9割の過失を認定した
  11. 交差点での直進原告原付自転車と左方路から右折被告乗用車との衝突は被告車の早回り右折を認め、原告車に5%の過失を認定した
  12. Y店舗内で買い物中に製氷機の故障による水漏れで足を滑らせて転倒し受傷したとの45歳女子の供述は信用できず転倒事故の発生は認められないとしてY店舗の設置・保存の瑕疵を否認した
  13. 姉夫婦所有の2階建住宅全焼による火災は1階に居住する弟(保険契約者)の故意放火と認定し保険免責を適用して請求を棄却した
2043号(令和元年8月8日発行)
  1. 32歳男子契約社員の承諾後の7級高次脳機能障害及びてんかん等の併合6級後遺障害を認めセンサス男性労働者平均年収額を基礎収入に56%の労働能力喪失で逸失利益を認定した
  2. 40歳男子主張の7級高次脳機能障害及び5級上下肢麻痺等併合1級後遺障害を否認し、頸部神経症状の14級9号を認定した
  3. 頸髄損傷等から自賠責3級3号四肢等神経機能障害等併合2級認定の34歳男子の後遺障害を手足の軽度麻痺と認め7級4号等の併合6級認定した
  4. 12級14号外貌醜状等併合12級後遺障害認定の17歳兼業主婦の逸失利益を家事労働に間接的な影響が生じていると67歳まで5%の労働能力喪失で認めた
  5. 追突された男子の両脇が重だるいとする症状は長年の重量物を持ち上げる作業の影響を否定できないと事故との因果関係を認めず後遺障害の残存を否認した
  6. 第2車線から第3車線へ車線変更して被告乗用車に接触されたA原付自転車にも漫然と車線変更した相応の過失があると6割の過失を認めた
  7. 一時停止規制のない交差点での原告原付自転車と被告乗用車との出合頭衝突は徐行及び一時停止せず、安全確認が不十分だったとして原告原付自転車に5割の過失を認定した
  8. 渋滞車両間を路外右折進出の対向被告乗用車に衝突されたサンキュー事故で直進原告自動二輪車に2割の過失を認定した
  9. 青信号交差点で対向右折乗用車に衝突された43歳男子横断自転車の過失を酒気帯びふらつき運転等から15%と認定した
  10. 男子Xが煽り運転を注意しようとした際にY車がバックで急発進しての受傷は接触又は回避のために傷害を負ったとは認められないとXの請求を棄却した
  11. スポーツジムでのトレーニング中に高重量バーベル落下で受傷した48歳男子の補助のトレーナーに注意義務違反はないとしトレーナー及び運営会社の賠償責任を否認した
  12. 勤務先から帰宅時の横断歩行中の本件事故での弁護士費用特約に基づく保険金請求は「労働災害」には通勤災害をも含むと免責条項を適用し請求を棄却した
  13. 買手が付かず経済的に困窮、預金通帳等の貴重品持ち出し、火災を予期した行動等からも原告が故意に発生させた火災と推認して保険金請求を棄却した
2042号(令和元年7月25日発行)
  1. 34歳男子主張の5級高次脳機能障害はMTBI認められず自賠責及び厚労省等の各種診断基準も満たさない等から発症を否認した
  2. 自賠責12級7号認定の右膝関節機能障害を残す減収のない53歳男子公務員の逸失利益を実収入を基礎収入に14年間14%の労働能力喪失で認定した
  3. 18歳男子の左尺骨茎状突起骨折と軽微追突との因果関係を認め自賠責同様14級9号左手関節痛を認定した
  4. 72歳男子の追突され腰椎椎間板ヘルニア等による12級主張の後遺障害は異常所見がみられないことから腰痛等の自賠責同様併合14級認定した
  5. 男子原告の第1事故で治療中の3ヶ月後に第2事故による損害は第1事故と第2事故が寄与したものと認め第2事故以降の損害の寄与度を3対7の割合で認定した
  6. 頸椎狭小化等有する逆突された原告男子に頸部痛等の14級後遺障害を認定し3割の素因減額を適用した
  7. 合図せず車線変更後、後続被告乗用車にクラクションを鳴らされ意図的な急減速をして被告車に追突された原告乗用車の過失を6割と認めた
  8. 幹線道路歩行横断中に携帯電話通話中の被告乗用車に衝突された75歳女子の過失を15%と認定した
  9. 市場内駐車場から進入してきた普通貨物車に衝突された原告自動二輪車は適切な速度を超えて走行していたと3割の過失を認めた
  10. 青信号交差点で対向右折車に衝突された直進原告自動二輪車は時速60`b制限道路を相当程度上回る速度で走行したと25%の過失を認めた
  11. 96年式外国製スポーツカーの修理部品が生産中止で修理不可能なため現在の時価額2,000万円を車両損害と認定した
  12. 前件控訴審で10級非器質性精神障害認定も1級高次脳機能障害が残存していたと主張の本件訴訟は実質的に後遺障害の再度の審理を求めるもので追加請求を認めるのは信義則に照らし相当ではないと請求を棄却した
  13. 深夜コンビニ駐車場で駐車車両にX車を後退させ逆突させた第1事故はXの故意とし、約1年2ヶ月後の山間道路のカーブ地点で横滑りしてガードレールに衝突の単独第2事故はXの重過失としていずれも保険金請求を棄却した
2041号(令和元年7月11日発行)
  1. 追突された27歳男子主張の高次脳機能障害、左上下肢麻痺及び神経因性膀胱の3級後遺障害を否認し左上下肢しびれ等の14級9号認定した
  2. 自賠責9級16号顔面醜状を残す19歳男子専門学校生の労働能力喪失を67歳までの47年間9%と認定しセンサス男子全年齢平均を基礎収入に後遺障害逸失利益を認めた
  3. 10歳男子の自賠責9級16号顔面醜状は将来就労に影響を及ぼす可能性は高くないと後遺障害逸失利益を否認した
  4. 併合6級後遺障害を残す47歳男子タクシー運転手の7級左下肢瘢痕は就労の支障になるとは認められないとし、10級左膝関節機能障害から労働能力喪失率を27%と認定した
  5. 32歳女子大学院卒営業職の11級後遺障害逸失利益を定年までは実収入、以降はセンサス同学歴・全年齢平均を基礎収入に20%の労働能力喪失で認めた
  6. 就活中の45歳男子の後遺障害逸失利益を退職前の事故前年収入の7割を基礎収入に認定した
  7. 29歳男子主張の併合8級後遺障害を自賠責同様併合9級認定し実収入を基礎収入に35%の労働能力喪失で逸失利益を認めた
  8. 追突された7歳男児主張の12級PTSDは診断基準満たさず発症を否認し非器質性精神障害の14級後遺障害を認定した
  9. 並走被告バスの走行は原告自転車の生命または身体に危害を及ぼすようなものではないとASD・PTSDの発症及び事故発生を否認した
  10. Y車に逆突された1年6ヶ月後にW車に追突された45歳男子主張の頸椎損傷不全等を否認し、後遺障害の残存も否認した
  11. ガソリンスタンド内で停止中に逆突された女子の愁訴の信用性等認め難く2年前の追突事故後の訴えと共通する等から受傷の事実を否認した
  12. カーブ地点で対向大型貨物車が中央線をはみ出し走行してくることを予見することは十分可能であると原告乗用車の過失を15%と認定した
  13. X所有建物の火災は灯油を助燃剤に使用したXの娘Z又はZの夫Wの放火と認定し、Wの放火であってもZと同等の地位等から故意免責を適用し保険金請求を棄却した
2040号(令和元年6月27日発行)
  1. 67歳男子主張の3級高次脳機能障害及び9級症候性てんかんの併合2級後遺障害は9級10号を超える後遺障害とは認められないと認定した
  2. 49歳男子主張の10級10号右肩関節機能障害を自賠責同様14級9号認定し、自賠責非該当の左足関節機能障害を10級10号と認めた
  3. 47歳兼業主婦の自賠責10級左肩関節機能障害等併合9級認定の後遺障害を併合11級認定しセンサス女性全年齢平均を基礎収入に労働能力喪失20%で逸失利益を認めた
  4. 自賠責併合12級認定を受ける男子主張の10級右肩関節機能障害及び8級頸椎部運動障害等を否認し14級9号頸部痛を認めた
  5. 原付自転車で停止中に普通貨物車に追突された男子主張のPTSD等の発症を否認し精神症状等の残存から後遺障害慰謝料50万円を認定した
  6. 17歳男子の整骨院施術費は医師の指示等なく施術の効果も判断できない等から必要かつ相当とは認め難いと事故との因果関係を否認した
  7. 30歳男子の整骨院施術費は症状緩和は認められず必要性に疑問は残るが施術箇所は医療機関の診断名と対応していると4分の1を認めた
  8. 追跡中のY白バイに追突されたX貨物車は意図的にブレーキランプを点灯させず事故を発生させたとしてY車の過失を否認した
  9. 14秒前には赤信号に変わっていた速度超過の被告乗用車に衝突され死亡した青信号に変わる1秒前に発進の原付自転車の過失を軽微として否認した
  10. 一時停止せず安全窓を塞いで左方確認を怠った左折大型貨物車に衝突された青信号横断自転車の過失は著しく小さかったと否認した
  11. 片側1車線道路上で右折待機大型貨物車の後方で誘導中に中央線を越えて対向普通貨物車に接触されたXの過失を3割と認定した
  12. 深夜、片側2車線の第1車線中央に座っていて衝突され死亡した66歳男子の過失を5割と認めた
  13. 灯油を助燃剤に用いての放火は火災発見時にX以外に不審な人物は見かけられておらず経済的動機等からもXの故意と推認し共済金請求を棄却した
2039号(令和元年6月13日発行)
  1. 1級1号遷延性意識障害を残す14歳女子の将来介護費を母親67歳以降は施設介護も視野に日額1万3,000円で認め、センサス男女計全年齢平均を基礎収入に逸失利益を認定した
  2. 37歳男子3級主張の高次脳機能障害は意識障害及び画像所見等認められず否認し、外傷性頸部腰部症候群等の14級後遺障害を認定した
  3. 女子原告主張の12級低髄液圧症候群は髄液漏出等の画像所見認められないと発症を否認し、後遺障害の残存も否認した
  4. 軽貨物車を運転停止中、被告乗用車に追突された原告の3年9ヶ月後に後遺障害診断されたCRPSを否認し約6ヶ月での症状固定を認め、後遺障害の残存を否認した
  5. 自賠責非該当も22歳男子消防士の左膝神経症状は職務に影響があるとして14級9号後遺障害を認定した
  6. 自賠責14級認定も右肩可動域制限から11級主張の54歳男子の後遺障害を右肩甲部、腰部痛等の併合12級と認定した
  7. 60歳有職主婦の8級後遺障害逸失利益をセンサス女性学歴計全年齢平均の85%を基礎収入に14年間27%の労働能力喪失で認定した
  8. 追突された21歳男子は既往の腰椎椎間板ヘルニアの手術適応があると診断されていた等から治療経過等に影響を与えたと3割の素因減額を適用した
  9. 丁字路交差点を横断歩行中に被告乗用車に衝突された73歳男子原告は左右不確認で横断歩道外を横断したとして15%の過失を認定した
  10. 駐車場内で後退乗用車に衝突されたX乗用車は衝突回避措置をとらないまま前進を続けたと3割の過失を認定した
  11. 原告観光バスの休車損害は新規車両の導入により原告車の稼働率は導入以前よりも低下したと実休車日数に事故前平均稼働率を乗じ、さらに0.4を乗じた27日を休車日数と認定した
  12. 保険代理店役員X所有建物の火災はトルエンを助燃剤とした放火と認め、建物の鍵はX夫婦しか所持していない等からXらの放火と推認して保険金請求を棄却した
2038号(令和元年5月23日発行)
  1. 66歳女子主張の5級高次脳機能障害は認定基準の「4能力のいずれか1つ以上の能力の半分程度が失われているもの」と自賠責同様7級認定した
  2. 復職している48歳女子主張の5級高次脳機能障害等を否認し14級非器質性精神障害を認め10年間5%の労働能力喪失で逸失利益を認定した
  3. 14歳女子中学生の胆のう摘出による自賠責13級認定の後遺障害逸失利益をセンサス男女全年齢平均を基礎収入に18歳から67歳まで6%の労働能力喪失で認めた
  4. 30歳代男子フリープログラマーの5級主張両上肢麻痺等を否認、自賠責非該当も12級左肘痛等を認定し収入を得られる蓋然性認められないと逸失利益を否認した
  5. 14級9号腰部捻挫等を残す40歳代原告らの症状固定を事故後約7ヶ月と認定し、医師の指示なく、診療の妨げになっていた上、症状の改善に役立っていないと整骨院等施術費用を否認した
  6. 幼児同乗可自転車に5歳、8歳の子を同乗させ、一時不停止で交差点に進入してY乗用車に出合頭衝突されたX自転車に5割の過失を認定した
  7. 追突された原告乗用車はやむを得ない場合を除き急ブレーキをかけてはならないとの義務に違反したと4割の過失を認めた
  8. 交差点での出合頭衝突で停止線7b手前での停止は「一時停止後進入」の事故類型と認めることはできないと原告車に8割の過失を適用した
  9. 対向被告乗用車との接触事故ですれ違い時に停止状態から発進した原告乗用車に3割の過失を認めた
  10. 運転操作に落ち度があった非接触、転倒の76歳男子原告自動二輪車と一時停止路から進入した83歳男子被告乗用車の過失割合を原告2被告1と認定した
  11. 自転車道で対向被告自転車とすれ違い時に接触・転倒した原告自転車の過失を4割と認めた
  12. X会社事務所兼倉庫の出火箇所3ヶ所の火災は人為的と推認され出入口は全て施錠等からX会社関係者により実行された故意放火と認定し保険金請求を棄却した
2037号(令和元年5月9日発行)
  1. 21歳女子労災認定の脳脊髄液漏出症は画像所見には合理的疑いが残り典型的な起立性頭痛は認められない等から否認した
  2. 9歳女子主張のPTSDは事故の再体験に当たる状況は見当たらないと診断基準のB基準(再体験)に該当するとはいい難いと発症を否認した
  3. 追突された外国籍54歳男子が自国で治療を受けた際の帰国渡航費、伝統医学療法等の治療費を有効性・相当性が定かでない等から事故との因果関係を否認した
  4. 約6年前の事故で腰椎椎間板ヘルニアに罹患する女子原告の本件追突事故で2割の素因減額を適用した
  5. 乗車中のタクシーが急停止した際に受傷した53歳女子はシートベルトの有用性を認識していたと2割の過失を認定した
  6. 軽微追突で医師が整骨院への通院の必要性を認めなかった等から整骨院施術費を否認した
  7. 左カーブ地点で低速走行の被告乗用車を左側から追い抜こうとして接触した原告自動二輪車に2割の過失を認めた
  8. 30b先の一時停止道路から進入する被告乗用車を発見して急制動、非接触・転倒した優先道路進行原告自動二輪車に2割の過失を認定した
  9. 合図と同時に左折の被告乗用車に衝突した後続原告自動二輪車の過失を1割と認めた
  10. 乗用車を運転中、看板落下による急ブレーキでの受傷は異常所見なく共済事故の発生は認められないと受傷を否認し請求を棄却した
  11. 215万円で購入のX車両を車両保険金額600万円に増額後に友人Yによる自損事故はXがYと共謀して故意に発生させたと保険金請求を棄却した
  12. 保険契約者の知人Y車両にZ車両が追突され水路に転落水没による損傷はZ、Yが共謀して事故を作出したとYの故意を認定して保険金請求を棄却した
2036号(平成31年4月25日発行)
  1. 自賠責3級3号四肢不全麻痺を残し転職している48歳男子システムエンジニアの逸失利益を労働能力喪失65%で認定し、脊柱管狭窄により4割の素因減額を適用した
  2. 59歳男子主張の脳脊髄液漏出症は起立性頭痛及び画像所見認められずブラッドパッチの効果があったとはいえないと発症を否認した
  3. 防犯カメラ、目撃者等から被告貨物車が73歳男子Aに衝突したと認め、10ヶ月後に死亡したAの後遺障害を1級とし、被告の不誠実対応から慰謝料3,000万円を認定した
  4. 過去複数回の保険金請求歴のある39歳男子は追突され、約6ヶ月後症状固定も約1ヶ月間の海外旅行から治療期間を約3ヶ月間と認定した
  5. 本件事故日まで通院していた前回事故での14級後遺障害認定等からドアミラー同士の本件接触事故での受傷を否認した
  6. 主婦X主張の左肩関節拘縮は事故4ヶ月後からの出現で本件事故により発症したとは認められないと否認した
  7. 赤信号幹線道路交差点の歩行者用地下道付近を歩行横断中に被告乗用車に衝突された31歳女子原告の過失を7割と認定した
  8. 歩道上での自転車同士の接触は対向被告自転車の無灯火が事故に影響を与えていることは否定できないと6割の過失を認定した
  9. 飲酒・一時不停止・定員外乗車等の加害乗用車に出合頭衝突され受傷した原告らの同乗する被告乗用車の過失を否認し自賠法3条免責を認定した
  10. 原告自動二輪車とシカとの衝突は予想される危険の現実化とはいえず防護柵の設置を否認し、動物への注意喚起の標識の設置等から道路管理者の瑕疵を否認した
  11. 本件事故前に受傷した左肩痛と本件事故による左手関節痛は同一部位の損害とはならないとして共済金支払いを認容した
  12. 63歳男子の乗用車を運転して湖転落による死亡は自殺の動機等窺われないと保険金支払いを認容した
2035号(平成31年4月11日発行)
  1. 17歳男子の自賠責7級認定高次脳機能障害は画像所見及び意識障害認められず、事故後の症状経過は不自然として発症を否認した
  2. 46歳男子会社員の左手TFCC損傷を12級と認め、10年間14%、5年間5%の労働能力喪失で後遺障害逸失利益を認めた
  3. 31歳男子のTFCC損傷を認め14級9号認定しセンサス25歳から29歳平均を基礎収入に10年間5%の労働能力喪失で逸失利益を認めた
  4. 原告自転車と乗用車の低速同士の軽微な出合頭衝突で44歳男子原告の胸郭出口症候群等の発症を否認し、自賠責同様左上下肢神経症状の併合14級を認定した
  5. 14歳女子の自賠責12級左下腿瘢痕が労働能力に影響はないと後遺障害逸失利益を否認し後遺障害慰謝料400万円を認めた
  6. 前方から衝突された59歳男子にはしびれ等の記載はなく自賠責同様頸椎椎間板ヘルニアとの因果関係を否認し後遺障害の残存も否認した
  7. 料金所で停車中にクリープ現象の乗用車に追突された27歳男子主張の12級頸部神経症状は約4ヶ月で症状固定とし後遺障害の残存を否認した
  8. 速度超過で黄信号交差点を直進中に衝突されたA自動二輪車に35%、対向右折Yトラックに15%、横臥中のAを轢過したW乗用車に50%の過失を適用した
  9. 片側2車線道路を斜め横断被告自転車と後方第2車線走行中の原告乗用車との衝突は双方各5割の過失を認定した
  10. 15回の事故歴を有する55歳男子X自転車の道路中央寄り走行でY乗用車との衝突は入通院経過及び多数回の事故は極めて不自然とXの故意事故を認定した
  11. 注意しようとしたY車が急発進して左腕等を巻き込まれ受傷したとする30歳代男子X主張の事故態様は認められず、Xが自ら手を伸ばし負傷したとYの自賠法3条責任等を否認した
  12. 約12年かけて合計約911万円の全面改造を施したX貨物車の車両時価額は耐用年数4年とし改造終了時点から減価償却を行うと認定した
  13. 自動二輪車を運転して通勤途上の事故での弁護士費用等補償特約に基づく保険金請求は本件特約の労災に該当し人損部分は保険金支払いの例外に当たると認定した
2034号(平成31年3月28日発行)
  1. 66歳男子の労災5級認定高次脳機能障害は画像所見及び意識障害認められず慢性硬膜下血腫による脳損傷も認められないと発症を否認し自賠責同様12級13号を認定した
  2. 38歳男子3級主張の脳脊髄液減少症及び線維筋痛症の発症を診断基準等から否認し14級9号項頸部痛等と認定した
  3. 33歳女子主張の線維筋痛症発症による3級下半身麻痺は虚偽申告や筋力低下の偽装が強く推認されると発症を否認し、自賠責同様併合14級を認定した
  4. 33歳男子主張の7級CRPSを否認し併合14級認定して第1事故から約1年1ヶ月後の第2事故の逸失利益を第1事故の労働能力喪失期間経過後の1年間につき認めた
  5. 歩行中に対向原付自転車に衝突された35歳女子主張の9級PTSDは診断基準を満たしていない等から否認し、頸部痛等の14級9号を認定した
  6. 12級左肩関節機能障害等を残す83歳女子1人暮らしの退院後の施設入所を4年間に限り事故との因果関係を認めた
  7. 被告乗用車に追突された53歳男子主張の12級腰部痛等を否認し自賠責同様14級9号頸部痛を認定した
  8. 変形性股関節症に罹患する71歳男子の8級7号両下肢関節用廃の併合6級後遺障害を認め、既往症の素因等から8割減額を認定した
  9. 36年前と23年前の追突事故で環軸椎亜脱臼等を有する66歳女子の本件追突事故による頸部痛等の自賠責14級後遺障害に3割の素因減額を適用した
  10. 両耳にイヤホンを装着して音楽を聴きながらランニング中、被告車のクラクションにも気づかず、車道に大きく進入した原告に4割の過失を認めた
  11. 後頸部痛等の自賠責併合14級後遺障害認定を受ける搭乗者傷害保険金請求は後遺障害を裏付ける医学的他覚所見が認められないと請求を棄却した
  12. 56歳男子主張のコンパートメント症候群等の発症は検査結果等からも否認し、本件事故による後遺障害の残存は認められないと海外旅行傷害保険金請求を棄却した
2033号(平成31年3月14日発行)
  1. 44歳女子の自賠責5級認定高次脳機能障害及び身体性機能障害は高次脳機能障害の程度は極めて軽微と12級とし身体性機能障害は7級に満たない程度と総合的に7級4号を認定した
  2. 30歳女子の軽度外傷性脳損傷から5級主張の高次脳機能障害は事故後の意識喪失や脳損傷等認められないと否認、自賠責12級認定の左膝関節機能障害は別件事故での受傷として本件事故との因果関係を否認した
  3. 男子大学生主張の5級高次脳機能障害は意識障害認められず症状の経過等は典型的な高次脳機能障害の経過と合致しないと発症を否認した
  4. 追突された45歳男子に起立性頭痛及び画像所見等は認められないと低髄液圧症候群を否認し、神経症状の併合14級後遺障害を認定した
  5. 自賠責併合9級症状固定診断の3日後に別件事故で死亡した30歳男子が労働能力喪失率100%で損害認定を受けたことは本件事故での後遺障害逸失利益算定に影響与えないと67歳まで20%の労働能力喪失で認めた
  6. 原付自転車運転停止中に先行乗用車が1.2ないし2b後退してきての衝突で約2ヶ月半の受傷と認定し後遺障害の残存を否認した
  7. 高速道路分岐点付近での衝突事故で停車中のX車に40%、車線変更Y車に55%、X車に衝突したW車に5%の過失割合を適用した
  8. X貨物車の停車は継続的に停止させる意思をもっていたと違法駐車と認め駐車禁止による10%の過失を認定した
  9. 丁字路交差点で左折進入貨物車に衝突された直進自転車は通常より速い速度で右側路側帯を通行して交差点進入から25%の過失を認定した
  10. 深夜、有料道路中央線付近を歩行中に背後から乗用車に衝突された28歳男子の過失を30%と認定した
  11. 同乗中追突された妊婦の接骨院施術費を2ヶ月分100%、以降の6ヶ月分を30%認めた
  12. 追突された38歳女子の接骨院施術費を症状の改善から必要性・有効性・合理性が認められると通院期間約7ヶ月半の5割について事故との因果関係を認めた
  13. 交通事故被害者Yの受傷による保険金受領はYの虚偽請求とし整骨院経営Wと共謀しての共同不法行為を認定してX損保の既払保険金額等の請求を認容した
2032号(平成31年2月28日発行)
  1. 自賠責3級高次脳機能障害等併合2級を残す36歳男子の将来介護費を両親及び姉と同居等から近親者介護のみとして日額4,000円で認定した
  2. 39歳女子主張の9級脳脊髄液減少症は画像所見認められず典型的な起立性頭痛なく2回のブラッドパッチも症状は軽快しなかったと発症を否認した
  3. 30歳代男子主張の7級高次脳機能障害は器質的損傷を窺わせる治療経過や脳損傷を裏付ける画像所見は認められないと否認した
  4. 30歳代男子主張の9級外傷性脳損傷及び10級顎関節症は従前事故による症状が存在していた可能性が高いと否認し本件事故による後遺障害の残存も否認した
  5. 玉突き追突され12級後遺障害を主張する38歳有職主婦の胸郭出口症候群の発症を否認し頸・肩部痛の自賠責同様14級後遺障害を認定した
  6. 母介護の50歳男子の自賠責12級顔面瘢痕による労働能力喪失を否認し同14級頸部痛等からセンサス女子平均を基礎収入に5年間5%の労働能力喪失で後遺障害逸失利益を認めた
  7. 信号交差点での直進Y車と右折X車の衝突で目撃者の供述等には不合理な点があると信用性を否認、Y車の黄色進入と認め、3割の過失を認定した
  8. 交差点で乗用車と出合頭衝突の70歳女子自転車に一時不停止等から3割の過失を認定した
  9. 交差点での原付自転車同士の接触事故はXが故意に足を伸ばしたとし、Yに過失はなく注意義務を怠ったとは認められないと自賠法3条免責を適用した
  10. 幅員約3.8b道路に駐車させた原告車運転席付近に佇立中、後方通過の被告車接触による原告受傷を否認した
  11. 追突された運転者らの自由診療での整骨院施術費は労災基準の1.5倍を限度とし頻回の通院回数から5割の限度で事故との因果関係を認めた
  12. 医師の同意のない柔道整復師の骨折等に対する施術は必要性・相当性は認められないと本件事故との因果関係を否認した
2031号(平成31年2月14日発行)
  1. 58歳男子主張の2級視力障害は事故後2度の運転免許更新等から否認し9級高次脳機能障害は意識障害及び画像所見認められないと否認した
  2. 17歳女子の高次脳機能障害を自賠責同様7級認定し、自動二輪車運転者に右折車線から左折を指示、半キャップヘルメット着用等による損害拡大で1割の減額を認めた
  3. 追突された58歳男子に頸髄中心性損傷等の自賠責同様7級4号後遺障害を認め、既往の脊柱管狭窄等から5割の素因減額を認定した
  4. 頸部痛及び腰部痛の併合14級を残す51歳男子の症状固定を約7ヶ月後と認定し、素因減額の適用を否認した
  5. 6年前の中心性頸髄損傷から12級13号既存障害を有する追突された60歳代女子の5級主張の心因性発声障害と本件事故との因果関係を否認した
  6. 追突された34歳男子の右膝内側半月板損傷、右膝内側々副靱帯損傷は7、8年前の事故によって生じたものとして本件事故との因果関係を否認した
  7. 対面信号機が黄色であるのに原告二輪車を転倒・滑走させて交差点に直進進入した原告の過失の方が大きいと60%の過失を認定した
  8. 丁字路交差点で後行の直進被告自動二輪車に衝突された左折原告自動二輪車には走行妨害の相当重い過失があると7割の過失を認定した
  9. 原告女子受傷の第1事故と10ヶ月後の第2事故による共同不法行為を否認し、損害賠償請求権は3年経過により消滅時効の完成を認め請求を棄却した
  10. 車線変更原告自動二輪車と後続被告自動二輪車の衝突事故での誓約書の合意は原告に強迫の故意があったとして合意の取消しを認めた
  11. 交通トラブルで逃走のため後退する被告車の運転席ドアに接触されて原告の受傷は被告の確定的故意を認定し、乙損保の対人・対物保険免責、甲損保の無保険車傷害特約についても原告の闘争行為として免責を認め、原告の過失を3割とした
  12. 駐車場からX、Z車両のタイヤ及びカーナビ等の盗難は保険事故の外形的事実につき合理的な疑いを超える程度にまで立証されていないと保険金請求を棄却した
2030号(平成31年1月24日発行)
  1. 42歳男子の労災2級認定高次脳機能障害は事故後の意識障害や脳損傷等の画像所見も認められない等から診断基準に該当しないと発症を否認した
  2. 61歳男子主張の10級右足RSD及び同右肩RSDの発症を労災認定基準から否認し併合11級後遺障害を認定した
  3. TFCC損傷から併合9級主張の43歳男子は確定診断ができる検査は実施されていない等からTFCC損傷を否認し自賠責同様14級左手関節神経症状を認定した
  4. 22歳男子医学部学生の自賠責12級14号右頬部瘢痕の後遺障害逸失利益を否認し後遺障害慰謝料320万円で考慮した
  5. 併合14級を残す62歳主婦の約8ヶ月前の事故との共同不法行為を否認し傷害部分に対する本件事故の寄与度を5割、後遺障害部分は3割と認定した
  6. 前回の追突で腰椎椎間板ヘルニアを既往する45歳男子の本件追突での同症状の悪化を認め3割の素因減額を適用した
  7. X自転車と接触の対向Y乗用車に前方不注視等の過失は認められないと不法行為責任を否認、自賠法3条責任は認め、X自転車の過失を6割と認定した
  8. 訴外車に接触され車両部品落下させ後続の原告自動二輪車が転倒受傷は被告乗用車に過失は認められないと自賠法3条免責を認め原告の請求を棄却した
  9. 黄信号で進入の対向直進被告自動二輪車の時速100`bを上回る高速度走行を予見すべきとはいい難く右折乗用車の注意義務違反は認められないと被告二輪車の100%過失を認めた
  10. Y貨物車のドライブレコーダーからY車の車線変更を認め非接触転倒のX自動二輪車の過失を20%と認定した
  11. 夜間青点滅信号横断歩道を傘差し片手運転で進入した64歳女子自転車に40%の過失を適用した
  12. 被告らが共謀し未修理の車両修理費及び使用していない代車料の請求で弁護士への委任は不合理とはいえないとし甲損保が弁護士に支払った調査交渉費用等を損害と認定した
2029号(平成31年1月10日発行)
  1. 46歳女子の自賠責3級認定高次脳機能障害を入浴自体は1人で行っている等から5級認定し、日額3,000円で将来介護費を認めた
  2. 39歳男子の後遺障害を自賠責同様7級高次脳機能障害等併合6級認定し、道路工事作業中に道路横断して被告乗用車に衝突された過失を25%と認めた
  3. 40歳代男子主張の約10年9ヶ月後症状固定の5級高次脳機能障害等併合3級後遺障害を否認し約9ヶ月後症状固定として後遺障害の残存も否認した
  4. 原告男子主張の頸髄中心性損傷による5級後遺障害を否認し自賠責同様14級非器質性精神障害を認定し、反社会的人格障害から30%の素因減額を適用した
  5. Y車、W車に追突され、症状固定の3年後にヘルニア摘出手術を受けた40歳男子主張の併合6級後遺障害と追突事故との因果関係を否認し後遺障害の残存も否認した
  6. 42歳女子主張の9級線維筋痛症は事故から3年後の診断で診断基準を満たすかも不明等から否認し、併合14級神経症状を認定した
  7. 自賠責併合11級後遺障害認定も併合9級主張の52歳男子会社員の12級右肩関節機能障害を否認し併合12級認定して5年間5%の労働能力喪失で逸失利益を認めた
  8. 追突された44歳有職主婦の後頸部痛等及び左右耳鳴を14級認定し67歳まで5%の労働能力喪失により逸失利益を認めた
  9. 左前腕骨変形障害から自賠責12級8号認定を受ける30歳男子運転手の後遺障害逸失利益を実収入を基礎に15年間14%の労働能力喪失で認めた
  10. 一時停止道路から進入し右方5b先に原告自動二輪車を発見した被告普通乗用車との出合頭衝突で原告車に25%の過失を認めた
  11. Yが運転するレンタカーの単独スリップ事故で受傷した同乗者Xの自賠法3条所定の他人を認め、Xの好意同乗減額を否認した
  12. 乗用車を運転停車中に後退車に衝突されたZがY整骨院に51日間の通院はZとYが共謀した架空の通院と認定し保険金を支払ったX損保の損害賠償請求を認めた
  13. 前日夜から翌朝まで飲酒、同日午後11時頃発生の事故で政令数値に達しないアルコール検知で酒気帯び運転と推認して飲酒免責により車両保険金請求を棄却した

自保ジャーナル購読の申込み

消費税について 各商品の価格は消費税別の料金で表示しており、別途、消費税8%が加算されます。
お支払いについて お支払方法は、銀行振込、郵便振替、もしくは現金書留で事前に当社宛てに料金をご送付頂く方法があります。特にご指定ない場合は「郵便振替」用紙を商品に同封しますので、後日商品と郵便振込用紙がお届けになった際、お近くの郵便局にて、代金をお支払いください。